どのようなカラコンを購入するべきなのか

カラコンのサイズ

カラコンは、どのように選ぶのが良いのでしょうか。カラコンをいざ、買おうと思ったとき、カラーもたくさんあり、サイズも豊富で、多くの人たちはかなり選択に迷うでしょう。どのような方法で、自分に一番ピッタリ合った、カラコンを見付けることが出来るのでしょうか。カラコンが一番自分に合うサイズは、自分自身だけのものです。友だちがどうだということはあまり参考にすることが出来ません。

多くの人たちは、一般的なレンズ直径14.0~14.5mmを考えがちです。黄金比率うを使い自分に一番合うサイズはを、求めていくことが出来ます。カラコンのパッケージに書いてあるサイズは、レンズ直径を示しています。

大事な視点は、実際にカラーが付いている着色直径です。黄金比率についてお話しをしますが、それは、白目と黒目の割合のことであり、白目と黒目の割合によって、随分他人から見て、美しく目と思われることが出来るようになります。普通、日本人の場合、白目1:黒目1.5:白目1という割合が平均とされているのですが、それを、白目1:黒目2:白目1にまでもっていくことが理想と考えることが出来ます。

実際に、カラコンで、黒目が大きい程美しいと考えがちですが、白目がほとんどない状態は、宇宙人と言われてしまうかもしれません。 カラコンをせっかく購入したというのに、むしろ魅力がない目になってしまうことは、無駄な努力となってしまします。自己満足というのもいいですが、なによりも大事なのは、カラコンで、周囲から好感のもたれる目になることです。

まず、瞳に定規をあててみましょう。 目頭は0mmです。そして、目尻までをみてください。ある人の場合、瞳のサイズは27mm、黒目も9mmということで、日本人として、ちょっと小さめです。27mm÷2=13.5mm、黄金比率は目の横幅÷2=着色直径の式に当てはめて計算してみましょう。 そして、その人たちがするべきことは、着色直径が13.5mmのカラコン探しです。いかがでしょうか。カラコンって、実際にショップへ行って、なんとなく見た感じで購入すれば、失敗も元となってしまします。

まずは、いろいろなカラコンを見ておくことも重要です。さらに、カラコンのサイズ選びは着色直径が重要で違和感ない自然な瞳を演出することができます。自然な綺麗な色の瞳を演出したいのであれば、黄金比率を参考にしてみましょう。もっとも綺麗といわれる黄金比に近づけることで、いつもの印象とは変わる目になります。更に、黄金公式は瞳の幅÷2=黒目のサイズ、そして次を勉強しましょう。

最新のお知らせ